カードローンを賢く使おう|綿密な返済計画がポイントです

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

審査に合格しよう

財布を持つレディ

生活していく上で、通常なら自分の収入の中から必要な分を支出していくはずです。しかし、ライフイベントは様々あり、予期せぬ出費が連続してしまうこともあります。そうなると収入や貯金だけでは賄えなくなってしまうので、消費者金融などからお金を借りることでカバーするしかありません。通常、消費者金融でお金を借りるとなると、融資が可能かを判断する審査に合格する必要があります。そもそも大前提として、二十歳以上で安定した収入を得ていない人はお金を借りることができないのですが、初めてお金を借りる人は安定した収入の基準というのがよく分からなはずです。基本的に、正社員でなくても、バイト代が月に60,000円程度安定して入ってくる、という場合も安定収入があると認められるため、融資を受ける条件はクリアしていると言えます。しかし、借り入れ額というのは年収に比例するため、安定した収入があっても金額が低いと、融資の限度額も引き下げられてしまいます。

お金を借りる際に必ず行なわれる審査は、1回でも落ちてしまうとその後の融資が圧倒的に不利になってしまいます。実は、融資の審査を行なうときは個人の信用情報を参考にしながら返済能力を見極め、その上で融資可能かを判断するのですが、信用情報には融資の申し込みをした、という記録が半年ほど残ります。そのため、審査に落ちたという記録を他の消費者金融が閲覧することができ、別の会社でお金を借りようとしてもなかなかうまく行かないのです。そこで、お金を借りるときは自分の年収や安定した収入の有無について再度考えるようにしましょう。