カードローンを賢く使おう|綿密な返済計画がポイントです

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

メリットとデメリット

クレジットカード

お金の融資を受けたい時、重宝するのが金融機関です。最近では個人でも借り入れが出来るようになっていますし、サポート体制も充実しているので気軽に利用することが出来るのですが、あまり高い借り入れは出来ません。しかし、普通のローンではなく不動産担保ローンを利用すると大口での借り入れも可能となります。不動産担保ローンという言葉に聞き覚えがない人はたくさんいるはずですが、簡単に言えば自宅や土地といった不動産を担保にしてお金を借りるサービスのことです。

不動産担保ローンは、自宅や土地など価値のある不動産を保険にして融資を受けるため、貸し手側のリスクが大幅に減って金利が安くなります。金利が低くなると元金に上乗せされる利息も少なくなり、返済の時の総額を抑えることができます。また、不動産担保ローンであれば金利が低くなるだけではなく、借入限度額の上限も引き上げることができます。通常であれば、どんなに高くても1,000万ほどの借り入れしかできませんでしたが、このローンサービスなら億単位での融資が可能となります。このように、不動産担保ローンには利用する上でのメリットがいくつかありますが、当然デメリットも存在します。例えば、返済が滞ってしまったときには担保としている不動産をすべて失ってしまいますし、事務手数料などの余計な費用も発生します。さらに、審査や融資までに時間がかかる場合もあるため、不動産担保ローンを利用するなら返済計画をしっかり考えて、なるべく早いうちに融資の依頼をするようにしましょう。